ひとくふう

【vol.3】メンテナンスにひとくふう:ドライブシャフト編

役割分担が大切です!

従来のドライブシャフトは、ベアリング接合部からユニバーサルジョイント部までの一体型のため、メカニカルシールなどの軸封部をメンテナンスする度に軸受部からドライブシャフトを抜かなければなりませんでした。この「ドライブシャフトを抜く」手間を解消するため、ユニバーサルジョイント部を分割構造にしました。

ドライブシャフト構造図分割型ドライブシャフトでは、コネクチングスリーブ(ユニバーサルジョイント部)を取り外すだけで、簡単に軸封部のメンテナンスができます。

またドライブシャフトを抜かないことによって、軸受部の部品を長期間使用できるようになりました。

いつまでも「安全」「安心」「最良」のモーノポンプを使い続けていただくためには、定期的なメンテナンスが必要で、その作業を簡単にできることが重要です。今後もこうした工夫を凝らして改善・改良を進めていきます。

このページの上へ

掲載カタログ


サービス&サポートガイド
部品の供給体制、故障時のサポート体制、オーバーホールやテストに関する情報をご紹介しています。

資料請求フォームへ

このページの上へ

お気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ
  • フォームでのお問い合わせ

メールニュースの登録はこちらから

  • メールニュース登録
  • メールニュースが届かない場合

ユーチューブ(YouTube)のヘイシンチャンネルへのリンク

トップページ