ヘイシン モーノポンプ

技術コラムA教室現場の声で、ひとくふう

ドラムポンプシステム編(III)ポンプを寝かせて解決!

地下鉄や下水道などのトンネル工事で多く採用される「シールド工法」。

シールドマシンという掘削機でトンネルを掘り進めていく工法ですが、地下水がマシン内に入らないよう、止水材を定期的に供給する必要があります。

この高粘度の止水材をペール缶から引き抜いて供給するのが、ヘイシンドラムポンプシステムです。

ところが、今回の現場は直径わずか1000mmの狭いトンネル。高さが足りず、トンネル内にポンプを入れることができません。

どうしたものか……と頭を抱えていたところ、担当者の「いっそペール缶ごとポンプを寝かせてしまえば?」の一言で横置きタイプの開発がスタート!

これまで土木業界で活躍してきたドラムポンプシステムは、ポンプが自重で下がっていくしくみであったため、横に寝かせた状態でそれをどう再現するかが課題に。試行錯誤の末、スプリングを使ったレールにペール缶を載せることで解決しました。

高粘度液を吸い込む強い吸引力はそのままに、小径トンネルにも設置が可能になりました!

関連情報

製品情報

NTH-DC型

ペール缶から高粘度液を引き抜き、定量移送・供給します。

BACK

NEXT

モーノポンプをご存知ですか?

モーノポンプ
80紹介

動画公開中

movie

ページTOP