事例紹介

液体名
味噌
業種
食品

段ボール入りの味噌をニーダーへ手投入する作業でロードセルを使わずに自動化したケース


現状の課題および要望

20kgずつ段ボールに入った味噌をニーダーへ手投入しているが、以下の点が課題となっていた。

  1. 段ボールの開梱時にチリや埃が混入する心配がある。
  2. 投入時に味噌がこぼれ、清掃作業が必要になる。
  3. 内袋に残った味噌を絞り出す作業が重労働で、効率も悪い。
  4. 段ボールや内袋の処分にコストがかかる。

受け入れを段ボールから1tタンクに切り替えて投入工程を自動化したいが、大掛かりな工事をせずに導入できる装置がなくて困っている。


解決方法

高粘度の味噌を引き抜けるヘイシンドラムポンプシステムで自動供給し、投入量を質量管理する方法を提案したが、ニーダーが地下に設置されていることや現場には水分・塩分が多いことから、ロードセル秤を使いたくないとのこと。そこで、ポンプが下がった距離をはかる位置検知ユニットを採用。タンクの内径とポンプの下降距離から投入量※を算出できるようにした。
※投入質量=π×(タンクの内径×1/2)2×ポンプの下降距離×味噌の密度


改善メリット

  • 大掛かりなニーダーの改造工事をせず、自動投入できるようになった。
  • タンクをプレートで密閉しながら移送するので、異物混入の危険性を大幅に低減できた。
  • 清掃や絞り出しが不要になり、作業者の負担を軽減することができた。
  • 段ボールや内袋の処分が不要になり、手間とコストを削減できた。
  • 位置検知ユニットは作業環境の影響(水分や塩分などの雰囲気)を受けにくく、シンプルな構造なので維持管理も簡単になった。

フロー図

ヘイシン ドラムポンプシステムを使用したフロー図

このページの上へ


関連情報


製品情報

NTDL型
ヘイシンドラムポンプシステム
ドラム缶から低粘~高粘度液を引き抜き、定量移送・供給します。
さらに詳しく見る

掲載カタログ


ドラムポンプシステム
ドラム缶やペール缶などの容器に入った高粘度液を直接引き抜き、残らず定量移送するドラムポンプシステムをご紹介しています。

食品業界向け
さまざまな食品の移送・充填・引き抜きなどに使用されるモーノポンプや充填機をご紹介しています。

資料請求フォームへ

このページの上へ

お気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ
  • フォームでのお問い合わせ

メールニュースの登録はこちらから

  • メールニュース登録
  • メールニュースが届かない場合

ユーチューブ(YouTube)のヘイシンチャンネルへのリンク

トップページ