事例紹介

液体名
離型剤
業種
化学

スクリュー押出し成形機へ離型剤を添加したケース


現状の課題および要望

スクリュー押出し成形機へ離型剤を添加する工程において、下記の点が課題となっていた。

  1. 既設ポンプでは離型剤の粘度変化に対応できなかった。
  2. 製品切り替え時に供給量を変更するにも流量調整がうまくできず困っていた。

解決方法

粘度変化に対応でき、流量調整が簡単なモーノポンプを採用した。


改善メリット

  • 原料の変更に伴う離型剤の切り替え時にも心配がなくなった。
  • 押出し成形機の回転速度に対応し、ポンプの回転速度の調整だけで瞬時に適量添加ができるようになった。

フロー図

モーノポンプを使用したフロー図

このページの上へ


関連情報


製品情報

NVL型
小容量型ファインシリーズ
軸封がなく、洗浄が簡単なホッパー一体型のサニタリータイプです。
さらに詳しく見る

このページの上へ

お気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ
  • フォームでのお問い合わせ

メールニュースの登録はこちらから

  • メールニュース登録
  • メールニュースが届かない場合

ユーチューブ(YouTube)のヘイシンチャンネルへのリンク

トップページ