事例紹介

液体名
魚のすり身
業種
食品

充填量のばらつきを解消し、不良率を低減したケース


現状の課題および要望

魚のすり身を成型機に充填しているが、すり身の流動性が乏しいため、既存の装置では充填量が安定しない。そのままだと、はみ出しや量不足などが発生し、成型不良になってしまう。充填量を安定させるため人手で調整しているが、手間がかかるため効率が悪い。


解決方法

流動性の乏しいすり身でも定量移送が可能なサニタリー仕様のモーノポンプ NHLS型を採用した。


改善メリット

  • 優れた定量性により高精度充填が可能なので、充填量が安定し、成型不良を大幅に低減できた。
  • 不良品の処理にかかっていた費用や労力も削減でき、生産性を向上できた。

フロー図

モーノポンプを使用したフロー図

このページの上へ


関連情報


製品情報

NHLS型
ハイジェニックシリーズ
流動性の乏しい液体に対応するサニタリーポンプです。
さらに詳しく見る

掲載カタログ


サニタリー仕様モーノポンプ
ハイジェニックシリーズ、小容量型ファインシリーズ、ドラムポンプシステム、フレックス充填システムなどを掲載したサニタリー製品の総合カタログです。

食品業界向け
さまざまな食品の移送・充填・引き抜きなどに使用されるモーノポンプや充填機をご紹介しています。

資料請求フォームへ

このページの上へ

お気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ
  • フォームでのお問い合わせ

メールニュースの登録はこちらから

  • メールニュース登録
  • メールニュースが届かない場合

ユーチューブ(YouTube)のヘイシンチャンネルへのリンク

トップページ