事例紹介

液体名
液状シリコーン
業種
化学

液状シリコーンを精度よく混合し成形機へ供給したケース


現状の課題および要望

2種類の液状シリコーンをスタティックミキサーで混合しながら成形機へ供給しているが、既設ポンプでは以下の課題があった。

  1. 吐出圧が高いため、減圧弁や高圧用配管などを使用しなければならず、設備が複雑。また、配管接合部や軸封部から液漏れが発生する。
  2. 脈動が大きいため、混合比率が安定せず調整が大変。
  3. 構造が複雑なので、液替え時の分解・組立に時間を要する。

解決方法

低圧で脈動なく供給できるドラムポンプシステムNTD型を採用した。


改善メリット

  • 高粘度液でも低圧で移送できるため、減圧弁などが不要になり、周辺設備がシンプルになった。
    また、液漏れのリスクが低減できた。
  • 脈動なく安定吐出できるため混合比率が安定し、調整も簡単になった。
  • 部品点数が少なく、分解・組立が容易になった。

フロー図

ヘイシン ドラムポンプシステムを使用したフロー図

このページの上へ


関連情報


製品情報

NTDL型
ヘイシンドラムポンプシステム
ペール缶から低~高粘度液を引き抜き、定量移送・供給します。
さらに詳しく見る

掲載カタログ


ドラムポンプシステム
ドラム缶やペール缶などの容器に入った高粘度液を直接引き抜き、残らず定量移送するドラムポンプシステムをご紹介しています。

資料請求フォームへ

このページの上へ

お気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ
  • フォームでのお問い合わせ

メールニュースの登録はこちらから

  • メールニュース登録
  • メールニュースが届かない場合

ユーチューブ(YouTube)のヘイシンチャンネルへのリンク

トップページ