事例紹介

液体名
カラートナー
業種
化学

カラートナーを凝集させずに供給したケース


現状の課題および要望

カラートナーをふるい機に供給しているが、空気輸送では凝集してしまう。凝集させずに定量供給できる装置を探している。


解決方法

静かな連続流で移送物を傷めず移送できる粉体用ヘイシンモーノポンプPNU型を採用。
【仕様】
吐出量:50~80 kg/h


改善メリット

  • カラートナーを凝集させずに移送できるようになった。
  • サニタリー性に優れているためメンテナンス・分解が容易になった。

フロー図

モーノポンプを使用したフロー図

このページの上へ


関連情報


製品情報

PNS型
粉体用ヘイシンモーノポンプ
袋や容器から粉体を直接吸い込み移送します。
さらに詳しく見る

掲載カタログ


粉体用モーノポンプ
フラッシングしやすい粉体をわずかな空気量で高濃度・連続定量移送する粉体用モーノポンプをご紹介しています。

資料請求フォームへ

このページの上へ

お気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ
  • フォームでのお問い合わせ

メールニュースの登録はこちらから

  • メールニュース登録
  • メールニュースが届かない場合

ユーチューブ(YouTube)のヘイシンチャンネルへのリンク

トップページ