事例紹介

液体名
各種反応液(マイクロリアクターへの供給)
業種
化学・医薬

フロー式マイクロリアクターへ高精度供給したケース


現状の課題および要望

フロー式マイクロリアクターへ、2液あるいは3液を微少量供給しているが、下記の点が課題となっていた。

  1. 既設装置では高粘度液に対応できない。また、スラリー状の反応液を使用するとポンプが故障してしまう。
  2. シリンジ交換やリチャージが必要で、連続供給ができない。
  3. 他方式ポンプを試してみたが、構造が複雑で分解・組立に時間がかかったので更新には至っていない。

解決方法

幅広い液体に対応でき、無脈動・高圧での微少量供給が可能なヘイシンモーノポンプ マイクロリットルシリーズ HMC型を採用した。


改善メリット

  • 低~高粘度液、スラリーまで幅広く対応。
  • リチャージが不要で連続供給が可能。
  • 部品点数が少ないシンプル構造で、メンテナンス性が向上。

フロー図

ヘイシン ドラムポンプシステムを使用したフロー図

このページの上へ


掲載カタログ


マイクロリットルシリーズ
研究・開発用途での微少量×連続定量注入を実現するマイクロリットルシリーズをご紹介しています。

資料請求フォームへ

このページの上へ

お気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ
  • フォームでのお問い合わせ

メールニュースの登録はこちらから

  • メールニュース登録
  • メールニュースが届かない場合

ユーチューブ(YouTube)のヘイシンチャンネルへのリンク

トップページ