事例紹介

液体名
鶏肉+バッタ液(唐揚げの原料)
業種
食品

バッタ液付き鶏肉を自動供給し、生産効率を向上させたケース


現状の課題および要望

現状の鶏肉唐揚げ製造ラインは、1)バッタ液付き鶏肉をミートワゴンからコンベアへ供給、2)コンベアの鶏肉の整列、3)タレ付け、4)フライヤーの温度調整の全工程を人手で行っているが、下記の点が課題となっていた。

  1. 鶏肉の整列作業に手間取ってコンベアスピードについていけず、コンベアを一旦停止させたり、その都度調整する必要が生じる。
  2. フライヤーへの投入量がバラつけばフライヤーの温度が上下し、調整が必要になる。

解決方法

バッタ液付きの鶏肉を傷めずに自動供給でき、しかもその供給量を変更できるモーノポンプNVL型を提案。


改善メリット

  • コンベアへの供給を自動化できた。
  • 作業スピードに合わせて鶏肉を定量供給できるので、コンベアやフライヤーの調整が不要となり、生産効率が向上した。

フロー図

モーノポンプを使用したフロー図

このページの上へ


関連情報


製品情報

NVL型
ハイジェニックシリーズ
軸封がなく、洗浄が簡単なホッパー一体型のサニタリーポンプです。
さらに詳しく見る

掲載カタログ


サニタリー仕様モーノポンプ
ハイジェニックシリーズ、小容量型ファインシリーズ、ドラムポンプシステム、フレックス充填システムなどを掲載したサニタリー製品の総合カタログです。

食品業界向け
さまざまな食品の移送・充填・引き抜きなどに使用されるモーノポンプや充填機をご紹介しています。

資料請求フォームへ

このページの上へ

お気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ
  • フォームでのお問い合わせ

メールニュースの登録はこちらから

  • メールニュース登録
  • メールニュースが届かない場合

ユーチューブ(YouTube)のヘイシンチャンネルへのリンク

トップページ