事例紹介

液体名
蒟蒻原料
業種
食品

半固形状の蒟蒻原料を強力に吸い込んで圧送したケース


現状の課題および要望

不定期に押し出されてくる蒟蒻原料を一旦ホッパーで受けた後、果汁と混合する調合タンクへ手作業で投入している。手作業では投入作業に手間がかかりすぎ、需要増に生産が追いつかない。この工程を自動化する方法を検討しているが、下記の点が課題となっていた。

  1. 蒟蒻原料がほとんど流動性のない半固形状なので、他方式のポンプでは引き抜けない。
  2. スクリューフィーダーでも試してみたがうまく噛み込まず、噛み込んでもスクリューで原料を練ってしまい性状(食感)を変えてしまう。

解決方法

原料をホッパーから直接引き抜く自吸力があり、性状を変質させないサニタリー仕様のモーノポンプNHL-F型を採用した。


改善メリット

  • 半固形状の蒟蒻原料をホッパーから直接引き抜き供給できたので、手間であった手作業を自動化でき、製品の生産増にも対応できた。
  • 製品の性状を変えることがないので品質が安定した。

フロー図

モーノポンプを使用したフロー図

このページの上へ


関連情報


製品情報

NHL型
ハイジェニックシリーズ
水状の液体から高粘度液までさまざまな性状の液体に対応するサニタリーポンプの基本モデルです。
さらに詳しく見る

掲載カタログ


サニタリー仕様モーノポンプ
ハイジェニックシリーズ、小容量型ファインシリーズ、ドラムポンプシステム、フレックス充填システムなどを掲載したサニタリー製品の総合カタログです。

食品業界向け
さまざまな食品の移送・充填・引き抜きなどに使用されるモーノポンプや充填機をご紹介しています。

資料請求フォームへ

このページの上へ

お気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ
  • フォームでのお問い合わせ

メールニュースの登録はこちらから

  • メールニュース登録
  • メールニュースが届かない場合

ユーチューブ(YouTube)のヘイシンチャンネルへのリンク

トップページ