ヘイシン モーノポンプ

業界別活用例環境分野 粉末消石灰・粉末活性炭用ポンプ

特長

  • ○わずかな空気量で高濃度・連続移送します。
  • ○移送先での大がかりな固気分離装置が不要です。
  • ○低速で移送し、粉体の破砕・偏析・分離がありません。
  • ○粉体用ホースの摩耗がほとんどありません。
  • ○粉塵や騒音がほとんどなく作業環境を改善します。
  • ○配管計画が自在で設置場所の移動も容易です。

ラインアップ

移送ラインの摩耗や閉塞がなく、ビニールホースで粉体を高濃度移送

PNS型

吐出量:粉末活性炭の場合
1.7~880 kg/h
かさ密度 0.16 g/cm³

吐出量:粉末消石灰の場合
20~1800 kg/h
かさ密度 0.40 g/cm³

動画で見る粉体用モーノポンプ

消石灰を定量移送

粉末活性炭を定量移送

ユニット製品

ドライ粉末活性炭を着水井などに発塵なくパイプ移送し、注入点の直前でスラリー化させながら連続注入
カーボインジェクションユニット

  • ○溶解槽が不要なので省スペース
  • ○撹拌機動力が不要なので省エネ
  • ○緊急時でも短時間で注入開始
注入フロー
  • 1. ホッパーに供給された水が液膜を形成
  • 2. 粉体用モーノポンプがドライ粉末活性炭を供給
  • 3. ドライ粉末活性炭がエアと分離しながら液膜上へ落下
  • 4. スタティックミキサーで混合
  • 5. 活性炭スラリーが活性炭接触池(着水井)へ

カタログ請求

  • 水処理用

    下水処理、汚泥再生処理、ごみ処理などの処理施設で、汚泥・薬品・脱水ケーキなどを定量移送する各種ポンプをご紹介しています。

  • 浄水場向け

    浄水場で次亜塩素酸ソーダや活性炭スラリーなどを定量注入するモーノポンプをご紹介しています。

  • 粉体用モーノポンプ

    フラッシングしやすい粉体をわずかな空気量で高濃度・連続定量移送する粉体用モーノポンプをご紹介しています。

欲しいカタログにチェックを入れてカタログ請求へ

汚泥を効率よく移送するヘイシン トルネードポンプ

サービス&サポート

ページTOP