哲つぁんがヘイシンにやってきた

F1メカニックとして世界を渡り歩き、
第一線でその腕を振るってきた津川哲夫氏。
彼が経験上痛感しているのは、
いつの時代もどの地域でも「オリジナルである」ことの強さ。
『オリジナルなものづくり』を追求する企業姿勢に共鳴し、
今回のヘイシン探訪が実現した。

津川哲夫
1949年生まれ。76年にF1を観戦し、その感動が忘れられず、翌年にはF1メカニックを志して単身渡英。90年までさまざまなチームのメカニックとして活躍した。現在はモータージャーナリストとして、執筆・解説・講演などの活動を行っている。英国在住。

閉じる。

プロフィールを見る。

第9回 ニーズに先回りする。

ひらめいたら、まずやってみる。
製品開発において重要な技術者の勘について、
津川さんとエンジニアたちの話は進んでいく。

津川

いやぁ、さっき話していた「ホースフリーシステム」にも驚かされたけど、微少量用の「マイクロリットルシリーズ」もすごいね。マイクロリットルレベルで脈動のないポンプができたなんて!

市田

ありがとうございます。「ホースフリーシステム」はニーズありきの開発でしたが、「マイクロリットルシリーズ」はニーズがあるか調べようがありませんでした。だから先に製品を作って世の中に出してみて、必要性を問いかけてみることにしたんです。

山根

自分たちであたりをつけて仕様を決め、できるだけ早く開発して、どんな反応がお客様から返ってくるか楽しみにしていました。もちろん、「もし“読み”が間違っていたら」という不安もありましたが……。

津川

それはある意味ギャンブルだけど、新たなマーケットを開拓するための武器を手に入れたということでもあるんだよね。

杉野

そうですね。量というのはすごく重要な性能なので、「微少量に対応できる」ことには強い訴求力があるだろうと。言ってしまえば、これも勘かもしれません。

ヘイシンモーノポンプ マイクロリットルシリーズ

クリックで拡大表示 クリックで縮小表示

ヘイシンモーノポンプ マイクロリットルシリーズ

津川

F1の研究開発の中だって、「これだ!」とひらめいたら一点集中。余計なことを考えずに労力も、コストも注ぎ込んじゃうよ。

杉野

フューチャーデベロップメントという部署があるくらいですもんね。もっと綿密な計画があると思っていたのになぁ(笑)。

津川

そう。何か利点があると思ったら、F1はすぐにやっちゃう。その積み重ねがレースで大きな差になるんだよね。そういえば、ヘイシンにもすぐに試作しちゃう人がいるって聞いてるよ、須原さん(笑)。

須原

はい! 思いついたアイデアを確認するには、まず試作。それが一番だと思っています。

津川

発想の源はどこにあるの?

須原

う~ん。性分ですかね(笑)。例えば身近な日用品でも、「これ、どうやって作るんやろ」と思ったら、構造や製造方法を調べて、自分でその一部を作ってみたり……。

津川

まさに「まず試作」なんだね。

須原

はい。全く関係ない分野のものを見ていても「これ使える」って、ひらめくときもあるし……。だから、いろんな商品が並んでいる100均なんて、私にとっては発想の宝庫なんですよ。

津川

いいじゃない、100均! どんなものでも生かしちゃう。固定観念に捉われないのが須原さんの強みってわけだ。

杉野

本当に、毎回よく思いつくなと感心させられるんですよ。「また100均で何か見つけてきたんですか!?」って。

津川

頭を柔軟にして、常にアンテナをはっているからこそ生まれる「ひらめき」だね。

市田

ホースフリーの話で津川さんもおっしゃっていましたが、会社としても、今後は彼のように自由な発想力で新しい利用価値を提案することが重要だと考えています。お客様も気づいていない問題やあきらめていた難題を解決できるような製品を開発していきたいですね。

津川

ニーズに先回りする戦略だね。F1でも「ここをこうしたい……」っていうドライバーの意見に応えているだけじゃ速くなれない。その先のテーマを考えておかないと。マイクロリットルシリーズの開発は、まさにそうだったんじゃない?

山根

そうですね。先ほど言ったとおり、とにかくやってみよう、作ってみようと開発が始まった製品でした。新たな市場に参入して、徐々に活躍の場を広げているところです。

津川

"「できない」とは言わない兵神装備 " っていう話があったけど、これからは“こんなこともやってみる兵神装備”って感じかな? 強いF1チームがいつもそうであるように、独創的な技術開発で、ヘイシンにはこれからも突っ走ってもらいたいな!

最後に一言エンジニアの鋭い勘こそ、企業の財産。
今回の座談会でひらめきを信じて挑戦し続けて
いくのがヘイシンの強みなんだと感じたよ。

前へ ページトップへ 次へ