重要事項:ヘイシンモーノポンプを安全にお使いいただくために

ヘイシンモーノポンプ・ヘイシンディスペンサーの安全に対する取り組みの中で、過去に納入済みのポンプにつきましても安全推進活動を実施しています。

下記の禁止事項を再度ご確認いただき、今後ともポンプを安全にご使用くださいますようお願い申し上げます。

運転前

安全カバーは絶対にはずさないでください

納入時に装着されている安全カバーは、絶対にはずさないでください。点検・洗浄・分解作業などで取りはずす際は、必ず装置の停止および主電源が切れていることを確認してください。

温水、スチームジャケットの表面は断熱保護してください

温水、スチームジャケットの表面は高温ですので、火傷の危険があります。また、伝熱効率の点からも必ず断熱材で覆ってください。

吊り上げ設備の最大荷重を超えて吊り上げないでください

吊り上げ設備の使用最大荷重を超えて吊り上げないでください。また装置全体を吊り上げるときは、ベースに付いているリフティングラグを使ってください。駆動機などについているアイボルトで装置全体を吊り上げないでください。

運転中

運転中は回転部に触れないでください

運転中、回転部には絶対に触れないでください。 手洗い洗浄・分解修理を行う時は、必ず装置の停止および主電源が切れていることを確認してください。

ホッパーやフィーダ付きポンプの場合、運転中にホッパー内に手を入れることは非常に危険です。ブラシやヘラなどを使うことも危険です。手洗い洗浄・分解作業をするときは、必ずポンプの電源を切ってから行ってください。

また、運転中、ローターが回転しているかどうかを指で触って確認することは非常に危険ですので、絶対にしないでください。

運転中は装置の稼働範囲に絶対入らないでください

ロボット等と組み合わせて使用する場合、運転中は稼働範囲に絶対入らないでください。

また、昇降装置付きのポンプは、下降するおそれがありますので、絶対にポンプの下に入らないでください。

分解修理をするときは、必ず全システムの電源を切り、安全を確認してから行ってください。

メンテナンス時

圧力を確認してください

ポンプ停止後、配管・ポンプケーシング内に圧力が残っています。ポンプや配管を分解する場合には、必ず圧力を下げてから分解してください。

また粘度の高い液の場合、突然液が飛び出すことがありますので、吐出側配管をのぞき込まないでください。

感電に注意してください

濡れた手で電気部を触らないでください。感電の恐れがあり大変危険です。また、結線作業などにより端子部に触れる場合は電源を「OFF」にした後、しばらく時間をおいてから作業をしてください。電源「OFF」直後に触れるのは危険です。

作業中にスイッチを入れないでください

分解・点検時には駆動機側の主電源を切ってください。作業中、間違って電源を入れられないように標識表示・警告するなど、十分安全対策を施してください。

移送液が冷めているか確認してください

移送液が高温の場合、熱が冷めてから作業をしてください。また、やけどをするおそれがありますので、あらかじめ温度計を取り付けておくことをお勧めします。

危険性のある液体を扱うときは、保護具を着用してください

危険性のある液体を扱う場合には、保護具をつけて作業をしてください。腐食性のある液体は、直接手で触れないでください。また、空気中に有毒なガスが含まれる場合には、適切なマスク・保護眼鏡をつけてください。